最新の霊芝情報まとめ

古来より日本や中国で薬用として利用されてきた歴史を持つ霊芝(レイシ)は、様々な種類の有効成分を含んでいることが明らかとなっています。
特に、重要なのがβ-D-グルカンという多糖類の一種で、マクロファージやナチュラルキラー細胞などの免疫細胞を活性化する効果を発揮するので、免疫力を向上させる効果を期待できるとも言われています。
この様な成分の効果が、ガンの予防及び抑制まで希望できるとされている根拠となっています。

霊芝(レイシ)の成分を分析!

霊芝(レイシ)の成分を分析! 霊芝(レイシ)は、マンネンタケ科に属するキノコの一種で、不思議な効果を期待できるということから、紀元前200年ごろに成立したと考えられる古代中国の「神農本草経」という薬物書にも名前が記述されています。
しかも単なる生薬ではなく不老長寿を期待できる上薬に分類されており、皇帝に献上することが義務付けられていました。
なお、このようなレイシの効果は、現在ではβ-D-グルカンなどの含有成分の作用によるものであることが判明しています。
具体的には、マクロファージやナチュラルキラー細胞などの免疫細胞を活性化するというもので、ガンの予防や抑制・免疫力の向上・高血圧や低血圧の改善など様々な効果を謳った商品が提供されています。

霊芝(レイシ)に含まれる「グルカン」に注目

霊芝(レイシ)に含まれる「グルカン」に注目 レイシは様々な栄養素を含んでいますが、その中でも注目されているのがグルカンです。
マクロファージやリンパ球といった免疫に関わる細胞を刺激する働きを持つので、外部から入ってきた細菌やウイルスは撃退され風邪などをひきにくくなります。
免疫細胞が正常に機能するようになれば、アレルギー性皮膚炎やじんましんなども改善されます。
免疫細胞はガン細胞の増殖も防ぐことから、レイシはガン予防にも効果が期待できます。
またグルカンは消化されないでコレステロールを付着した状態で便と一緒に排出されるため、血中のコレステロール値の上昇を抑制する効果を持ちます。
コレステロール値が高くてドロドロになった血液は動脈硬化や高血圧の原因です。
ある実験では高血圧患者にレイシを2週間摂取させたところ、コレステロールや中性脂肪の値が下がり血圧も安定するようになりました。
高血圧に伴う頭痛や倦怠感といった症状も軽減されています。
日本人は1日の食塩摂取量が多めで高血圧になりやすいといわれます。
高血圧は心疾患や脳疾患のリスクを大きく高めるので、いつまでも健康でいるためには血圧を安定させる必要があります。
レイシは簡単に摂取できるので全ての年代におすすめです。

霊芝関連オススメサイト

歴史ある漢方の霊芝(レイシ)

新着情報

◎2018/7/5

効き目が抜群の霊芝とは
の情報を更新しました。

◎2018/4/2

サイト公開しました

「漢方 成分」
に関連するツイート
Twitter

漢方薬によっては、それぞれの成分をみることができますが、軽い油の成分が一般的だとおもまいます。 油は水に溶けませんが、それと親和性をもっている物質の一種だとおもいます。

Twitter kanpo_diet 漢方知識

返信 リツイート 7分前

あとカロナールをカコナールと同じ漢方だと思っている人がいましたね。きっとカコナールは「葛根湯」と「治る」を合わせたネーミングな気がする。カロナール錠とは成分も異なるし名前が似てるから勘違いしている可能性。

Twitter tochi2 名前を入力してください

返信 リツイート 32分前

黄芩(オウゴン)は、シソ科の多年草「コガネバナ」の周皮を除いた根。主要成分はバイカリン。漢方薬では代表的な清熱燥湿薬の一つで幅広く使われる。有名な組み合わせとしては、黄連とペアでみぞおちのつかえに用いる ⇒なまやく。器用貧乏ゲーマー

Twitter namayaku なまやく。生薬bot

返信 リツイート 50分前

大黄(ダイオウ)は、タデ科の多年草「ダイオウ」又はそれらの種間雑種の、通例、根茎。主要成分はセンノシド。古くから世界中で使われてきた下剤で、その激しい効果から別名を「将軍」という。甘草と配合すると漢方薬「大黄甘草湯」になる ⇒なまやく。巨漢強暴ヤンキー

Twitter namayaku なまやく。生薬bot

返信 リツイート 22:06

評判商品紹介【金王元L】漢方の基本を元に、高麗人参・牛黄を主成分に6種類の動物性生薬と植物性生薬をバランス良く配合した漢方のミニドリンクです。 from 杉沢薬品株式会社健康食品オンラインストア

Twitter sugiyakubot 杉沢薬品株式会社bot 仙台,盛岡,,,

返信 リツイート 22:05

...はモンゴル。チベットへ向けて旅立つ準備において} 『薬は宣撫工作用の各種薬品、錠剤をくだいて粉末にし、外国薬をきらう蒙古人の疑惑を招かぬため、鍋ズミ、木皮、草の汁などをまぜて色とにおいをつけ、漢方薬らしく用意し、種類別に小さな皮袋につめた。(P25)』   1940年の時点において、モンゴルでは西洋薬よりも伝統薬に対する評価が高かったことがわかる。ただしこの記述だけでは「モンゴル人は外国薬を...

2009年に関節リウマチや多発性硬化症の治療に効果があると判明した、漢方薬としても使われるアジサイの根に含まれる成分は? →ハロフジノン

Twitter rikeinarabekae (理 ;ω; 並) <はぁマヤ

返信 リツイート 19:01

ウマノスズクサ(Aristolochia spp.) 漢方にも用いられるがアリストロキア酸は腎障害を惹起するため注意が必要。 成分:アリストロキア酸 他 致死量:3mg/kg(ヒト静注) 写真:Aristolochia debilis pic.twitter.com/EV9XFpnkXV

Twitter toxic_plants 有毒植物事典

返信 リツイート2 18:38

返信先:@hanapress 韓国の薬って一日の成分量が多い気はするね。専門家に聞きたいわ。緑のおくすり、半夏瀉心湯って日本にもある漢方だけど韓国では丸薬なんですねー!

Twitter gogospeedworld ヤクルト姐さんマイコ

返信 リツイート 18:35

蒼朮(ソウジュツ)は、キク科の多年草「ホソバオケラ」の根茎。主要成分アトラクチロジン。漢方薬では、比較的胃に力がある人の健胃薬、芳香性湿薬として用いる。また、発汗作用もある ⇒なまやく。性別不明、白朮のきょうだい。口が悪い

Twitter namayaku なまやく。生薬bot

返信 リツイート 14:06