最新の霊芝情報まとめ

古来より日本や中国で薬用として利用されてきた歴史を持つ霊芝(レイシ)は、様々な種類の有効成分を含んでいることが明らかとなっています。
特に、重要なのがβ-D-グルカンという多糖類の一種で、マクロファージやナチュラルキラー細胞などの免疫細胞を活性化する効果を発揮するので、免疫力を向上させる効果を期待できるとも言われています。
この様な成分の効果が、ガンの予防及び抑制まで希望できるとされている根拠となっています。

霊芝(レイシ)の成分を分析!

霊芝(レイシ)の成分を分析! 霊芝(レイシ)は、マンネンタケ科に属するキノコの一種で、不思議な効果を期待できるということから、紀元前200年ごろに成立したと考えられる古代中国の「神農本草経」という薬物書にも名前が記述されています。
しかも単なる生薬ではなく不老長寿を期待できる上薬に分類されており、皇帝に献上することが義務付けられていました。
なお、このようなレイシの効果は、現在ではβ-D-グルカンなどの含有成分の作用によるものであることが判明しています。
具体的には、マクロファージやナチュラルキラー細胞などの免疫細胞を活性化するというもので、ガンの予防や抑制・免疫力の向上・高血圧や低血圧の改善など様々な効果を謳った商品が提供されています。

霊芝(レイシ)に含まれる「グルカン」に注目

霊芝(レイシ)に含まれる「グルカン」に注目 レイシは様々な栄養素を含んでいますが、その中でも注目されているのがグルカンです。
マクロファージやリンパ球といった免疫に関わる細胞を刺激する働きを持つので、外部から入ってきた細菌やウイルスは撃退され風邪などをひきにくくなります。
免疫細胞が正常に機能するようになれば、アレルギー性皮膚炎やじんましんなども改善されます。
免疫細胞はガン細胞の増殖も防ぐことから、レイシはガン予防にも効果が期待できます。
またグルカンは消化されないでコレステロールを付着した状態で便と一緒に排出されるため、血中のコレステロール値の上昇を抑制する効果を持ちます。
コレステロール値が高くてドロドロになった血液は動脈硬化や高血圧の原因です。
ある実験では高血圧患者にレイシを2週間摂取させたところ、コレステロールや中性脂肪の値が下がり血圧も安定するようになりました。
高血圧に伴う頭痛や倦怠感といった症状も軽減されています。
日本人は1日の食塩摂取量が多めで高血圧になりやすいといわれます。
高血圧は心疾患や脳疾患のリスクを大きく高めるので、いつまでも健康でいるためには血圧を安定させる必要があります。
レイシは簡単に摂取できるので全ての年代におすすめです。

霊芝関連オススメサイト

歴史ある漢方の霊芝(レイシ)

新着情報

◎2019/1/15

値段や具体的な注意点を知って購入
の情報を更新しました。

◎2018/11/2

レイシはキノコの一種
の情報を更新しました。

◎2018/9/4

食品としての霊芝(レイシ)
の情報を更新しました。

◎2018/7/5

効き目が抜群の霊芝とは
の情報を更新しました。

◎2018/4/2

サイト公開しました

「漢方 成分」
に関連するツイート
Twitter

桃仁(トウニン)は、バラ科の落葉小低木「モモ」の種子。見た目も成分も杏仁に似るが、漢方薬での使い方は異なり、活血、排膿、潤腸作用を目的に用いる。牡丹皮と並ぶ代表的な駈瘀血薬の一つ ⇒なまやく。杏仁のいとこ。女子力高め

Twitterなまやく。生薬bot@namayaku

返信 リツイート 36分前

健康について 完全素人ですが漢方編 簡単に考えると人には 水の流れ(血の流れ) 気の流れ(体温?) 経絡(ツボ)触診観察が 大事な様だ 風邪が流行る今はやはり葛根湯が有名だけれど 葛根湯には麻黄の成分が 有り、受験生などには眠気が覚め首などのコリも取れるらしい 大事なのは継続です pic.twitter.com/dQBxgJYO61

杏仁(キョウニン)は、バラ科の落葉樹「アンズ」の種子。主要成分アミグダリン。漢方では鎮咳・去痰・通便作用を目的に用いる。また、薬膳料理にも使われ、杏仁豆腐の原料である。多量摂取による青酸中毒に注意 ⇒なまやく。ツンデレツインテール

Twitterなまやく。生薬bot@namayaku

返信 リツイート 6:06

RT @D_ACE_yakyuu: 1月になり、冷え込みも増してきましたね😨❄︎ #冷え性 対策に入浴剤を変えてみませんか? 漢方で有名なあの"ツムラ"さんが出している 薬湯 #バスハーブ 🛀 有効成分は100%生薬エキスで、湯冷めしにくい! 冷え性だけでなく、肌荒れや肩…

黄芩(オウゴン)は、シソ科の多年草「コガネバナ」の周皮を除いた根。主要成分はバイカリン。漢方薬では代表的な清熱燥湿薬の一つで幅広く使われる。有名な組み合わせとしては、黄連とペアでみぞおちのつかえに用いる ⇒なまやく。器用貧乏ゲーマー

Twitterなまやく。生薬bot@namayaku

返信 リツイート 0:36

評判商品紹介【金王元L】漢方の基本を元に、高麗人参・牛黄を主成分に6種類の動物性生薬と植物性生薬をバランス良く配合した漢方のミニドリンクです。 from 杉沢薬品株式会社健康食品オンラインストア

Twitter杉沢薬品株式会社bot 仙台,盛岡,,,@sugiyakubot

返信 リツイート 昨日 23:43

大黄(ダイオウ)は、タデ科の多年草「ダイオウ」又はそれらの種間雑種の、通例、根茎。主要成分はセンノシド。古くから世界中で使われてきた下剤で、その激しい効果から別名を「将軍」という。甘草と配合すると漢方薬「大黄甘草湯」になる ⇒なまやく。巨漢強暴ヤンキー

Twitterなまやく。生薬bot@namayaku

返信 リツイート 昨日 23:36

漢方薬:漢方薬に含まれる麻黄の中にはエフェドリンという成分があり、これは覚せい剤のメタンフェタミンと極めて似ている成分である。交感神経を刺激する作用があり、依存性もある。 #健康 #雑学 #豆知識

薬の成分としては、いろいろなものがあるとおもいますが、毒物と同じで、体や、鉱物などがあるとおもいます。 そのなかの一種として、植物毒があり、漢方などは、その一種だとおもいます。

大雑把にみて漢方薬はごく少量の西洋薬的な側面とサプリメント的な側面を兼ね備えた薬なので特に高齢者医療に使いやすい。 ただ中に麻黄(まおう)や甘草(かんぞう)といったシャープに効く成分が多い漢方薬は非常に西洋薬的なので、高齢者に対しても十分注意して使う必要がある。 #漢方